和歌山大学教育学部付属小学校

自分の卒業した小学校を敷地に、生徒数も同規模を前提として設計せよという課題。

 

母校の敷地は、和歌山城そばの「奥山」と言われる山を背景にした南西向き傾斜面である。国立の教育機関でもあるため、僻地教育を前提とした複式学級での教育が行われていたりもする。和歌山大学が隣接していることもあり、街中にありながらエアポケットの様に緑が多く、生徒数の割には敷地面積も広い静かな環境である。

 

シンプルなガラスのボックスに、六つのコンクリートボックスが貫入しているという早稲田建築の王道「軸線指向デザイン」に初トライした。

 

斜面に張り付く様に設置されたガラス屋根のパブリックスペースと、段々に配置された各学年の校舎。階段状のパブリックスペースは、さぞや楽しい空間になるだろうと夢想しながら図面化した。

 

抜けのいいアイディアは、大学院生による事前エスキスチェックでも好評だったと思うが、最終的な評価は意外と普通だった。

 

これも美術館のとき同様、構造的なコンセプトをもっと強調できるシャープなプレゼンボードにすべきだったかな。特に、模型のガラス屋根の表現は大味。

1.表 紙
1.表 紙
press to zoom
2.和歌山市
2.和歌山市
press to zoom
3.現況図
3.現況図
press to zoom
4.配置図
4.配置図
press to zoom
5.平面図
5.平面図
press to zoom
6.立面図
6.立面図
press to zoom
7.立面図
7.立面図
press to zoom
8.断面図
8.断面図
press to zoom
9.展開図
9.展開図
press to zoom
12.Photo
12.Photo
press to zoom
11.Photo
11.Photo
press to zoom