■ CONTAX Planer T × Metabones

コンタックスのプラナーTは、

開いたときの浅い被写界深度と、絞り込んだときのシャープさが特徴。

そのあまりの表情のギャップから、

「ジギルとハイド」と呼ばれた。