■photo ライブ

ミュージシャンやアーチストのライブの撮影はむつかしい。

 

そもそも暗いし、ライティングはダイナミックに変化する。被写体は動いている。

他にお客さんもいるので近づいての撮影にも限界がある。

もちろん、演奏のジャマをしてはいけない。ストロボなんて、もってのほか。

 

四苦八苦しながらもライブを撮影させてもらった後に家で見直すと、

結構、音が聞こえてきそうなショットがあったりする。ラッキー!!

performed by CICADA 

  2015-3.19. 心斎橋 COMPASS/2015-7.16. 四つ橋 club vijon/2015-11.13. アメ村 Pagngea