■photo 風 景

風景は、カメラを持つと最初に撮り始めるテーマだが、最近、意外と撮るのがむつかしいと思い始めた。

 

人間の眼というのはふだんから選別的にものを視ており、視たそのままを撮っても、

何を撮りたかったのか良くわからない散漫な写真になってしまいがちなのである。

ちょうど、ふだん何の不自由なく会話が聞き取れている会議やインタビューをICレコーダーなんかで録音してみると、

周辺のいろいろな音を拾っているのに驚くのに似ている。

 

耳は無意識に音を選別して聴いている。     眼もそうだ。

だから、絞り解放のボケを駆使したり、構図を考えたりして、

極力フォーカスポイントを絞り込んで写真を撮るよう意識する様になる。

 

が、その一方意識せずとも、ぼんやりとした空気感みたいなものが撮れてしまうことがある。

けっこう「しめた!」と思うが、この違いは何なんだろうか??

霧の日
霧の日
press to zoom
クリスマスが終わる
クリスマスが終わる
press to zoom
クリスマスが終わる
クリスマスが終わる
press to zoom
日没ー箕面
日没ー箕面
press to zoom
雨の長谷寺
雨の長谷寺
press to zoom
クリスマスが終わる
クリスマスが終わる
press to zoom
嵐山-渡月橋
嵐山-渡月橋
press to zoom
霧の日
霧の日
press to zoom
青春プレイバックー百合ヶ丘
青春プレイバックー百合ヶ丘
press to zoom
霧の日
霧の日
press to zoom
雨の長谷寺
雨の長谷寺
press to zoom
台風の後-箕面の大滝
台風の後-箕面の大滝
press to zoom
台風の後-箕面の大滝
台風の後-箕面の大滝
press to zoom