■photo 花 植物

 

わたしは、子供の頃から紫陽花が好きである。

ふんわりした風情がシトシト降る雨とセットで、なんか、内省的な気分にさせてくれる。

桜と違って、開花期間も長く、週単位で色が変化する。つまり撮り時が長い。

なんとカメラマンへのサービス精神にあふれた花であることか。


うちの母親と同い年くらい昔に製造された、クラシックなライカレンズを入手出来た。

経年変化でやさしい紗のかかったレンズたちは、幸いにも現代のミラーレス一眼で再利用が可能である。


ふんわり紫陽花を、シルキーベールのかかったオールドレンズで夜明け前の薄明かりの中で撮影。

わたしの至福の時。