ペン画-1

Show More

  

 

ペン画-3

ペン画-2

Show More

高校の時、美術の授業で先生が「たとえば、わたしのこころは哀しい、というテーマで絵を描くとすると・・・」という発言をした。その言葉にピンと反応して頭の中にトンボの繊細な羽根のイメージが浮かび、絵にしたのがコレ。

 

ペンに白のポスターカラーをつけて描いたが、今観ると結構ボテッとした線だな。当時はロットリングやカラーインクというものの存在を知らなかった。

 

今なら、パソコンでもっとシャープに描けるだろう。

Show More

今、こういう絵を観るとヴィジュアル系ロックバンドのイメージと捉えられるかもしれないけど、違います。「オオカミ女」。

 

高校生のとき、「ハルツ山の人おおかみ」という本の表紙を模写して、アレンジした。

 

当時、アールヌーボーにはまっていて髪の毛を一本づつ描いてみたくなった。

 

こういうテンションの高い絵は、えてして歳を取ると観るのが恥ずかしくなるものだが、この絵はいまだ気に入っている。

 

ペン画-4

Show More

何だったか忘れたけど、確か子供向けの本の挿絵の模写。

 

描き込んでるんだけど、描き込んでない様なアッサリした印象が気に入っている。