自作PC

Show More

​ミラーレスカメラ購入をした2012年末から自分の創作基地の環境を整えてきたが、

それから4年がたち、愛機であったノート型VAIO の調子が悪くなった。

で、このことをきっかけに、いろいろあった不満を

自分用にカスタマイズした自作PCを製作することでイッキに解決することを思いたった。

もともと私のメインマシンだったノート型PCというものは、

「持ち歩き・バッテリー駆動・且つ、長時間作業に耐えること」が前提なので、

省エネ設計が絶対条件である。

また放熱にも限界があるため、いくら高価なCPUやクロック数の高いハイスペック機を選んでも

その処理能力をフルに引き出すには限界がある。

しかし、

自作のデスクトップならそんな限界は軽々打破したスペックのマシンが自由に組める。

今回初めて知ったが、過熱したCPUを冷却する水冷クーラーまで売っている。

デジカメは、連写を駆使すると画像データはすぐ千枚を超える。

音楽もハイレゾ化が進んでいる。

OSもWindows10がスタンダードになりつつある中で、

PCのスペックアップを思い立った。

このマシンでデジカメのSDカードを読み込むと、大量の写真データもサッと一覧で画面に現れる。

取捨選択作業もスピーディに進む。

イメージ
PCケース
CPU
メインボード
メモリ
SSD
HD
cooler
電源ユニット
モニター
プリンター
マウス キーボード
もっと見る

※ なお、このPC自作の悪戦苦闘の日々は「裏blog」で紹介しているので、興味のある方はご覧ください。