この曲好みです、かなり。

16ビートで7thコード、 ファンキーなテイスト、Age of ’80sの杏里的、と申しますか。 切なくドラマチックなピアノ、ちょっとバブリーな雰囲気、おじさんの耳には心地よく響く。乃木坂であることを抜きにしても、わたしのツボにハマるダンスミュージック。同じ歌を全員でハモりもなく歌うのがいつもの乃木坂スタイルだが、ここではボーカルの役割分担がなされてて、ソロの入れ替わりとコーラスサビという設計になっているのもGOOD。 ~ こういう曲を聴くと、急にまたギターが練習したくなります(笑)。

 

 

しかし、”姉御坂”というネーミングは秀逸。これもちょっと、ちょうどバブル時代の中尊寺ゆつこさんの”おやじギャル”に象徴される様な、自信満々で不敵な、でもイケてる女性をほうふつさせます。 ~ 今はやりのふんわりした女性の対極、カッコいい。

Please reload

Recent Posts

December 28, 2019

Please reload