CICADA来阪 (その2)

その二週間後、梅田でCICADAのライブがあった。去年も参加していたGroovyRooomsというサーキット型のライブイベントだ。仕事の合間にチョイ抜けして、メイン会場になるZeelaというライブハウスで彼らのステージを待っていると、及川さんがフラリと現れた。「去年もこの位置で話しましたよね。」~ 覚えてくれてるとは! ファンとしてはうれしいことである。

 

「なんか、ちょっと音がシックになった様な・・・」

「あ~、シックになったかもしれない。メリハリ意識して、ノリノリの曲が引き立つように考えたりしているし。」

「新しいアルバムは?」

「来年1月かな~。配信とかもやってみたくて。それとセットで。」思い起こせば、昨年、このイベントはメジャーデビュー版のリリースを数日後に控えての開催だった。

 

「ステージの並びが変わったけど、なんで? アイコンタクトしやすいとか?」

「そう。もともと、ドラム前にして迫力出したいよね、と、みんなではなしてて。コミュニケーションが取りやすくて、すっごい演奏しやすい。東京事変もやってたスタイル。」 ~ それは知らなかった。

 

自分たちのスタイル・世界を作り上げるべく、着実に前進の努力を続けている。メンバーの活躍の場も拡がっている。どんな変化を見せてくれるかな。来年のニューアルバムが楽しみです。

Please reload

Recent Posts

February 2, 2019

Please reload