‟BED ROOM”から外に出た ~ CICADA ニューアルバム

「CICADAはBED ROOMから外に出た。音が外を向いている」 ~ というのが、初めて聴いた時の印象。

 

ファーストアルバム「BED ROOM」にはそのタイトルが示す通り、個室でDTMをコツコツ繰り返して徐々に洗練させていった様な、そしてその分内省的な印象を受けた。今回は、うって変わってライブの盛り上がりを意識した様な華やかさを感じ.る。若々しい、でもしっかり作られた、いいアルバムである。

 

彼らの音楽のベースには、ヒップホップが大きな部分を占めている。おそらく、彼ら自身もヒップホップ好きであることは否定しないだろう。だが、ストリート発のネイティブヒップホッパーというのではない。そう言うには、あまりに彼らの音楽は都会的でクールである。

 

先日のライブで及川さん、若林さんと話した時、印象をAMAZONにあげると約束したので、最初、「HIP HOPへのCICADA流アンサー」というタイトルで書こうと思ったが、なんかそれでまとめてしまうのは言いきれてないものが残っているようで違うように思えて、まだ書けていない。もう少し時間を貰うことにしよう。

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts

December 28, 2019

Please reload